軽自動車の車検は安い?

軽自動車の車検は安い?

軽自動車の車検費用は、普通乗用車と比べると随分安くなります。
車検費用が安いということから、軽自動車に乗る人もいるようです。
軽自動車と普通乗用車の車検の違いは、法定費用が安いということです。
法定費用とは、24ヶ月分の自賠責保険料と、重量税や印紙代のことです。
まず、自賠責保険料は18980円で、重量税は8800円、そして印紙代は1400円です。
これらを合計すると、法定費用は29180円となっています。
これに対して、車検費用はだいたい5000円ほどで、整備工場に頼むと、代行手数料が必要となります。
軽自動車の場合は工場によっても違いますが、だいたい16000円ほどです。
これらを合計したものが、軽自動車の車検にかかるお金となります。
ただし、これらは走行距離の少ない車で、部品交換のまったくいらない車の場合であり、たいていは車検時期になると、少しは部品を変えなくてはならないのが普通です。
そして、これらは車検の有効期限内のことですが、もし有効期限が切れてしまうと、自賠責保険料は25か月分となり、仮ナンバーを取得しなければならないので、車検切れ手数料も必要となります。
軽自動車のユーザー車検の場合には、軽自動車検査協会に行って車検をします。
普通自動車の半分くらいの手間で車検が終わるようです。
軽自動車の車検の手順は、普通車とほとんど変わりませんが、検査ラインに車を乗せれば、運転者が乗ったまま検査を受けることができます。

関連ページ

車検切れになったら?
車検は、愛車にとってとても大切なもので、必ず通さなくてはならないものです。費用はかかりますが、しっかりと整備するのは重要です。ここでは、車の車検だけでなく、バイクの車検についても解説しています。