車検切れになったら?

車検切れになったら?

車を購入したり、整備を一度でも依頼した会社から、車検の時期になったらお知らせが届くのが普通です。
車検は1ヶ月前から受けられます。
それでも、車検を受けるのを忘れて、車検切れになって、車を動かすには、レッカー車を使うしか方法がありません。
無車検運転で法律に違反してしまいます。
道路交通法では、一回で90日の免許停止処分となってしまいます。
また、免許停止の前例があるときには、一回で免許取り消しとなります。
車を運転するには、まず税金を支払い、自賠責保険に加入してこそ車を運転する資格があると言えます。
そして、車検切れになった時には、車検を受けるためには、どうしても車を移動させなければなりませんから、レッカー車を頼むか、市町村の区役所に行って、仮ナンバーを取得しなければなりません。
一般に仮ナンバーと言っていますが、正式には、自動車臨時運行許可制度といいます。
仮ナンバーを取得するのに必要な書類は、免許証と自賠責保険証、印鑑と650円の手数料となります。
ただし、仮ナンバーをもらっても、その有効期限は2、3日しかないので気をつけたいものです。
車検切れというのは、法的な罰則も厳しく、とても大変なことです。
こうならないためにも、車検の時期を忘れないようにしたいものです。
整備工場などの、車の車検を代行するところでは、車検切れになった場合にも、車検の手続きをしてもらうことも出来ますが、通常の車検よりかなり価格が高くなります。

関連ページ

軽自動車の車検は安い?
車検は、愛車にとってとても大切なもので、必ず通さなくてはならないものです。費用はかかりますが、しっかりと整備するのは重要です。ここでは、車の車検だけでなく、バイクの車検についても解説しています。