車検とバイク車検の費用と概要

車の大きさ・排気量によって、車検の費用は変わる?

車検は、ユーザー車検と業者に委託する方法があります。
自動車の整備工場なら、あらかじめ車の点検をしてから、悪い部分を直して陸運支局に行きますから、たいていすぐに車検は終わります。
ユーザー車検の場合、もし点検のところでOKが出ないと、二日にわたる場合があります。
ただし、業者に委託する場合には、車検の代行手数料が必要になってきますので、金額は高くつきます。
車検の費用は、5ナンバーの検査手数料が1700円で3ナンバーでは1800円となっています。
さらに、車検で一番お金がかかるのが、自動車重量税です。
こちらは、1tまでなら25200円、1.5tまでで37800円、2tまでで、50400円、そして、2.5tまでなら63000円、3tまでは75600円です。
これらは、車検時である2年分を前払いした金額となります。
次に、自動車損害賠償責任保険の料金が必要になります。
これは、自家用乗用自動車では一律24ヶ月で、22470円となっています。
もし、自動車を廃棄するなら、リサイクル料金もかかってきます。
こうした車検にかかる金額は、何年度かに一回、値上げとなったり、値下げとなったりしています。
車検の時期にはとてもお金がかかるというのは、こうした自動車重量税や自動車損害賠償責任保険などの料金が高いからだと言えます。
そして、車の大きさやナンバーによっても、車検費用は変わってきます。
整備工場に出せば、さらに高くなりますが、安全を買う意味では確かだと言えます。

お役立ちサイトや関連サイトの紹介です。

自己破産と借金返済相談
自己破産をしようと思っている人、本当に自己破産が最善でしょうか?借金問題は、まずプロに無料相談してみましょう。

お役立ちサイト、関連サイト紹介

借金や自己破産のこと、まずは無料相談を
自己破産をしようと思っている人、本当に自己破産が最善でしょうか?借金問題は、まずプロに無料相談してみましょう。